気分が極端な場合の病気|双極性障害の正体|悪いのはあなたじゃない
女医

気分が極端な場合の病気

カウンセリング

サポートで安心感を与える

双極性障害というのは昔は躁うつ病と呼ばれていたものと同じです。人間には誰でも落ち込むことや、喜びを発散することはあります。しかし双極性障害の場合は、その両極に振れるのが極端なのです。急に悲しんだと思うと次ははしゃいだりするので、周囲の対応がとても大変になります。そのため双極性障害は家庭崩壊や職場の人間関係を壊してしまうケースが多いのです。双極性障害の場合は本人も極端な感情のブレについて自覚しているのです。そのためいつ感情が表出するか常に不安な状態なのです。ですから周囲の人間は、本人も自覚しているという前提で接することが大切です。ことさら不安をあおるような言葉は決して使わないことです。例えば双極性障害の人は気分が高揚した時にとんでもない買い物をしたりします。そしてそのことを後悔して急激に落ち込ます。このようなことを避けるためには、本人の財布やカードを家族が預かるといった対策も必要です。そのことによって本人にも安心感が生まれます。またハイテンションの時には職場で仕事をバリバリ頑張ってしまうことがあるので、そのような時は上司などが無理をしないようにアドバイスを与えてあげることも効果があります。あくまでも命令ではなく、提案するといった言い方をすれば本人の気持ちを傷つけずにすみます。ハイテンションとは逆に落ち込みが激しい時には、薬を全部飲んでしまうなどの自傷行為に走ることもあります。それを防ぐには家族が薬を管理して、服用する時に適量を渡してあげることが大事です。

上手に診察を受けさせる

双極性障害は家族や周囲の人間にもわかりやすいので、気づいたらなるべく早めに専門医の診察を受けさせることが大切です。また本人もある程度自覚している場合が多いので、何気ない会話をしながら本人が自ら病院へ行ってみようかと思わせるようにします。無理強いすると反発することがあるので、本人と意思の疎通ができる家族や友人などにサポートしてもらうとうまくいきます。本人が双極性障害を自覚している場合、他人には言えずに悩んでいることが多いのです。ですから家族や周囲が気づいたら、その悩みを1人で抱え込まないように聞き出してあげることも大事です。悩みを聞いてもらうだけで、本人の心の負担はかなり軽くなるはずです。そのような時に上手に医師のカウンセリングを受けるようにすすめるのです。双極性障害はカウンセリングを受けるだけで、かなり症状が改善することがあります。自分一人で悩みを抱えるのではなく、医師という理解者を得られることによって気持ちが落ち着くのです。そのためには信頼のできる医師やカウンセラーのいるクリニックを探すことが大事です。今はインターネットの口コミやブログなどで、実際に双極性障害を体験した人の話を読むことができます。それらから病院やクリニックの情報を得るのも1つの方法です。双極性障害は病院の心療内科で治療を受けますが、専門のクリニックもあります。他人の視線や雑踏などが苦手な場合は、そのような専門クリニックを受診することも必要です。予約制になっている所を選べば他人の目を気にせずに受診ができます。